■北海道北見市
オホーツクビール誕生の地、北見(きたみ)市は北海道東部、
オホ−ツク圏の内陸部に位置し、人口約11万人の圏内中核都市です。 農林業を基幹産業として発展し、商工業も盛んな町です。かつては
ハッカの産地、現在ではタマネギの産地、そして日本で最初の
地ビール、オホ−ツクビ−ル誕生の町として 知られています。  
■交通アクセス
・女満別空港 ■JR石北本線 北見駅下車
 ↓  (連絡バスで約45分)  (徒歩で約15分、お車で約5分)
・北見バスターミナル  
 ↓  (徒歩で約10分)  
・オホーツクビール  

 

太陽に早く会える北海道の東、北見に誕生した「オホーツクビール」は、1994年6月の規制緩和後、
全国で初めてビール製造の内免許(酒税法改正後日本第1号)を取得、1995年3月に醸造場併設
レストランを開業、1998年3月には永久免許を取得しました。
地元の皆様の暖かい支援を得て、北国オホーツクで鍛えられた地元産の麦を原料に、以来毎年
10種類程度のオールモルトビールを醸造し、「オホーツクビアファクトリー」で提供しております。
お陰様で、ビール・フーズ共にご好評を頂いており、醸造量・レストラン売上高などにおいて堅調に
推移、各地の「地ビールまつり」「物産展」などでいち早く完売したり、最多数量を販売したりして
おります。
世界的なビール評論家の本の中でも「果ても果てオホーツク海に面する北海道東部辺境の町北見に
幻の宝物あり」と紹介されるなど、国の内外で高い評価を受けております。
今後も地元オホーツクに根ざし、地元民の地元民による地元民のためのビールの試作を重ねると共に、
ビールを通して新しい文化を創造して参ります。

〒090-0037 北海道北見市山下町2丁目2-2
TEL 0157-23-6300 / FAX 0157-23-1121

営業時間 /  AM11:30〜PM10:00(PM9:40オーダーストップ) /  定休日・・・年末及び元旦